リラクゼーションマッサージ・ほぐし整体業に役立つ情報!セラピストの向上と、お客様の健康増進のための情報サイト

問答 | 刺さるように痛いと言われる

[原因]
@施術のポイントがずれている
Aお客様自身が筋肉痛やケガで単に圧をかけるだけでも痛い

[対策]
 まず根本的にコリをしっかりとらえて逃がさないように圧をかけていくことが最低限不可欠なことです。コリは筋肉の表面より少し奥の方や、ハリの中に潜んでいますので押圧の深さも慎重に調整して下さい。それを見つけられていないとやはり狙うべき施術部分からずれているということになります。しかしお客様が刺さるような痛みを感じているのは、なかなか惜しい部分にあたっている可能性があります。
なぜなら刺さるような痛みは少なからず表面上ではなく奥まで到達しているか、ハリを回避しその奥まで手指等が入り込んでいるから生じるものだと考えられます。
そのポイントから少し手指等を倒していくことで基本的にコリに触れることができますが刺さるような痛みを訴えられるということはコリではない際の部分に当たっていると考えられます。そのポイントの周辺を探ってみてください。筋肉の盛り上がりが見当たりませんか?それはわずかな盛り上がりかもしれませんが見つけることができるはずです。
 その盛り上がりの真際をなぞるように手指等を潜り込ませてみてください。まだその段階では圧をかけると刺さるような痛みを訴えられるでしょう。なのでその段階ではある程度の圧に留めて次の動作の支点とします。そこから盛り上がりを挟み込むように支点を基にテコの原理で倒し込んでいくことでコリに触れるかもしれません。
それが上手くいけば心地良さを与えられる施術を実現できるはずです。
 容易なことではありませんが、じっくり練習していくことで改善の期待ができます。
また、このとき圧をかける方向も合わせて重要なことです。施術の部分の面を把握し、面に対して垂直に圧をかけられるようにします。

A刺さるような痛みを訴えられたら、施術法の問題を考えつつも、併せてお客様に筋肉痛や肉離れ、打撲等のケガの有無またはそれらが発生するようなことを最近していないか確認するようにしましょう。もし思い当たることがあるようなら、その部分の施術は中止しその周辺で痛みのない部分の施術を行う。筋肉痛であれば炎症を起こしており、肉離れや打撲等のケガは筋肉の損傷であるから、その部分に関しては容易に触れることを避けることが得策です。悪化させてしまわないよう慎重に進めるようにして下さい。

出典:ほぐし問答〜その悩み、ズバッ!と解決〜: 10,000人以上の接客・施術を経てようやく気付いたその"アタリマエ" (むげんぶっくす)」