リラクゼーションマッサージ・ほぐし整体業に役立つ情報!セラピストの向上と、お客様の健康増進のための情報サイト

問答 | コリやハリが分からない

[原因]
 見つける知識や技術が身についていない

[対策]
 まず最初に、狙うべき施術部分はお客様の体の触れられる範囲に出るものとして”コリ”と”ハリ”の2種類があります。お客様の体に軽く圧をかけた際に反発してくるようなものを”ハリ”と言い、これはお客様の体が意識的または無意識に緊張している状態にあります。この”ハリ”がある場合は無理にその部分ばかりを集中的に施術せず、他の部分から徐々に緊張をとっていくようにします。このように、圧をかけた際に単に硬い部分が”コリ”ではありません。”コリ”と”ハリ”の区別をしっかり行って施術を進めていかなければ効率の悪い施術になり、お客様の満足度に大きな影響を及ぼします。

 では”コリ”とは何でしょう。”コリ”は筋肉の盛り上がった部分の奥の方に猫の舌のようにザラつきがある部分を言います。見つけ方としては、まず手の平や手根または指で筋肉の盛り上がりの奥側から手前に軽く皮膚のたるみを取るためわずかにスライドします。そして筋肉の盛り上がりのやや手前に支点を置きます。支点を残したまま手指等を筋肉の盛り上がりの奥側に倒しこんでいきます。筋肉の盛り上がりを舐めるように、たるみをとった分だけ戻すイメージです。この動作を正しく行うことができれば、手指等に猫の舌のようなザラつきを筋肉の盛り上がりの一部に感じられるようになります。最も基本的なことですので必ず修得しなければなりません。ご自身の太ももや前腕を使って練習もできますので、何度も反復練習して感覚をつかむようにしましょう。

   施術方法として”ハリ”はその筋肉のかたまりの可動性を高めるために、押し伸ばす施術をします。しばらく保持していると、最初よりわずかに可動性が高まる瞬間にたどり着けばその部分は完了です。”コリ”は、これもまたとらえた状態で少し押し伸ばします。しばらく保持しているとスーっと抜けるような感覚で、最初よりも一段と沈み込みます。お客様が息を吐くタイミングでその現象が起こることが多くみられますので、やはり呼吸を合わせるということは大切なことです。

出典:ほぐし問答〜その悩み、ズバッ!と解決〜: 10,000人以上の接客・施術を経てようやく気付いたその"アタリマエ" (むげんぶっくす)」